ブログ開設1日目にやったこと

今回は、このブログを開設したその日に作業した内容を、備忘録として記録していきます。

実際に行った作業はもちろん、その間に調べた内容や参考にさせていただいた記事、また、同じようにブログを開設した場合にかかる月額の費用等も載せていますので、これからブログを始めたいという人の参考になれば幸いです。(※初心者向けの内容になります。)

ブログ開設1日目にやったこと

ブログ開設1日目にやった作業は、以下の6つです。

  • レンタルサーバーを契約
  • ドメインを取得
  • レンタルサーバー経由でWordPressをセットアップ
  • テーマのインストール
  • プラグイン設定
  • Google アプリの設定

※調査の時間も含めて、作業時間は約3〜4時間ほどでした

WordPressを選んだ理由

ブログ作成のツールとして、WordPressを選んだ理由は以下の3つです。

  • 仕事で使う機会があるので、操作に慣れている
  • ただし、初期設定やトラブル発生時の対応はエンジニアさんにお願いしているため、全体像を把握出来ていない
  • Google系のアプリ(Analytics、Search Console、Adsense等)やASPも自分で設置してみたい

WordPressブログを安く簡単に始める方法

WordPressを安く、簡単に始める方法を調査したところ、レンタルサーバーはロリポップ、ドメイン取得はムームードメインを利用するのが良さそうという結論に至りました。
ロリポップは、同じく人気の国産レンタルサーバー「エックスサーバー」と比べて半分ほどの費用で利用でき、ロリポップ・ムームードメイン共にGMOペパボという同じ会社が提供しているため、互換性が抜群だそうです。また、初心者にも分かりやすい管理画面と、解説ブログが多いというのも魅力でした。

▼特にこちらの記事がとても参考になったので、リンクを貼らせていただきます。

完全初心者のためのブログの始め方

この記事では、ロリポップサーバーとムームードメインで簡単にできるWordPressの始め方について解説していきます! 出…

ロリポップサーバーの登録方法、ムームードメインでのドメイン取得方法とロリポップへの紐付け方法、また、ロリポップサーバーからWordPressをインストールする方法まで、画像付きで詳しく解説されています。

なお、記事内では月額500円〜のレギュラープランをおすすめしていましたが、どうしてもさらに安くしたい場合は、月額250円〜のライトプランでもOKと記載があったため、まずは、ライトプランを半年分申込みました。

テーマのインストール

次にブログの外観を決めるテーマを設定していきます。テーマ選択の際には、5つの条件をもとに探していきました。

  • 無料テーマ
  • 日本語対応
  • レスポンシブ対応
  • シンプルなデザイン
  • 初心者でも扱いやすく、高機能

▼そして、こちらの記事内で、私の希望にぴったりな「Cocoon(コクーン)」を見つけました。

マーケのじかん

【2019年】WordPressの無料テーマでおすすめ出来るのは、「Cocoon」「Luxeritas」「LION BL…

わたし
Cocoonの魅力は、公式サイトの TOPページ にわかりやすくまとめられていますが、特にアマゾンや楽天の商品リンクの作成が簡単なことと、吹き出し機能が気に入って、こちらのテーマを使用させていただくことにしました。

  

テーマ設定の手順

それでは早速Cocoonテーマを設定していきます。WordPressテーマの設定方法は大きく分けて2つ。

  1. WordPressの管理画面上の、外観>テーマ>新規追加から検索して、インストールボタンを押す。
  2. テーマの公式サイトから、Zipファイルをアップロードした後、外観>テーマ>新規追加>テーマのアップロードボタンを押して、Zipファイルをアップロードする。

Cocoonの場合は2のやり方で設定します。
ダウンロードページはこちら

▼こちらのサイトで、初心者にもわかりやすい解説がされていましたので、リンクさせていただきます。

フィフきゅん

ワードプレスのおすすめテーマ「Cocoon」のダウンロード方法・ワードプレス テーマにインストール・有効化する方法を画像…

プラグインの設定

テーマの設定が終わったら、次はプラグインをインストールしていきます。

プラグインとは
WordPress最大の特徴の一つとして「プラグイン」があります。標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、ウェブサイトに様々な機能を持たせる事が出来ます。例えば「お問い合わせフォーム」であったり「イベントカレンダー機能」「メールマガジン機能」などのプログラムが数多く配布されており、簡単にインストールする事が出来るのです。
どんなプラグインがあるかは「WordPress おすすめ プラグイン」などで検索してみるといろいろ参考になると思います。」

https://bizvektor.com/setting/wordpress/plugin-setting/

プラグイン WordPressを更に使いやすくカスタマイズするための拡張機能と捉えるとわかりやすいです。なお、使用するテーマによって、必要なプラグインは異なるため、「テーマ名 + プラグイン + おすすめ」などで検索し、必要なプラグインを調べます。

私は こちらの記事 を参考にさせていただき、取り急ぎ以下の6つのプラグインを有効化しました。

  1. Akismet Anti-Spam:スパムコメントからブログを守ってくれる。
  2. SiteGuard WP Plugin:管理画面・ログイン時のセキュリティー強化
  3. Ewww Image Optimizer:画像を圧縮してくれる。
  4. Google XML Sitemaps:自動でサイトマップを作成してくれる。
  5. WebSub/PubSubHubBub:新しい記事を書いた際、Googleなどの検索エンジンに、書いたばかりの記事を素早くインデックスしてくれる(コピー対策)。
  6. Broken Link Checker:ブログ上のリンク切れを教えてくれる。

なお、Akismet Anti-SpamとSiteGuard WP Pluginは、最初から標準でインストールされていたプラグインです。

Cocoonはテーマ自体が高機能のため、まずは最低限必要そうなプラグインだけ入れておき、必要に応じて追加していこうと思っています。

Google アプリの設定

初日最後の作業として、Google アプリの設定を行なっていきます。具体的には、Google Analytics、Google Tag Manager、Google Search Consoleを導入します。各アプリの大まかな役割は以下の通りです。

Google Analytics

Webページのアクセス解析サービス。

Google Tag Manager

アクセス解析などに必要なタグを一元管理できるサービス。

Google Search Console

Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視・管理できるサービス。

いずれもGoogleが無料で提供しているサービスです。

Cocoonテーマには、もともとGoogleアプリの設定を行う機能が搭載されているので、管理画面のCocoon設定>アクセス解析・認証タブから設定することが出来ます。(使用するテーマに設定機能がないは、別途プラグインをインストールする必要があります。)

それぞれのアプリの詳しい設定方法は、GoogleとCocoonの公式ページをご参照ください。

Google Analyticsの設定方法
Google Analyticsでアクセス解析する方法(Cocoon)

Google Tag Managerの設定方法
GoogleタグマネージャのトラッキングID設定方法(Cocoon)
GoogleタグマネージャでAMP用のトラッキングIDの設定方法(Cocoon)

Google Search Consoleの設定方法
Google Search Consoleに登録する方法(Cocoon)
つまずいたら・・・
サイトの所有権を確認する(Google)
ムームードメイン: TXT レコード(Google)

つまずいたら・・・
サイトの所有権を確認する(Google)
ムームードメイン: TXT レコード(Google)

私は、Google Analytics→Google Tag Manager→Google Search Consoleの順にアカウント開設・設定、WordPressへの連携を行なっていきました。

注意点としては、Google Tag Manager内で、Google Analyticsのタグを作成し、WordPressの「タグマネージャID」を設定した場合、その下のGoogle Analytics トラッキングIDは不要になるようです。設定してしまうと、数値がダブルカウントになります。

さて、ブログ開設1日目にした作業は以上になります。

初期設定にかかった費用と月割り金額

最後に、ここまでにかかった費用をまとめます。

ロリポップ<ライトプラン>
3,240円(税込)
※初期費用(1500円)+半年分の月額料金(250円×6ヶ月)

ムームードメイン<1年プラン>
¥862(税込)

→月に割り戻すと、約612円
想定よりも安い金額でブログを開設することができました。

ちなみに、これは嬉しい誤算だったのですが、過去にWordPressの無料プランでブログを作成しようとしたことがあり、その時見た料金プランでは、プラグインの利用が可能なビジネスプランが月額2,900円と高く、敬遠していました。
しかし今回レンタルサーバー経由でWordpressをインストールしたところ、Wordpressの月額料金は別途発生することなく、プラグインを使用することができました。不思議に思って調べてみたところ、WordPressには「WordPress.org」と「WordPress.com」の2種類があり、WordPress.org は、レンタルサーバーと独自ドメインが必要な分、WordPressに別途利用料を支払う必要がなく、カスタマイズの自由度も高くなっているそうです。
もし詳細が気になる方がいたら、こちらの記事にわかりやすい解説が載っているので、一読をお勧めします。

もちろん、アメブロなどの無料サービスを使って、手軽にブログを開設することもできます。しかし「デザインを自由にカスタマイズしたい」という希望があるのであれば、最初は少し手間がかかるものの、レンタルサーバーとドメインを取得する形での開設がおすすめです。その中でも、月の費用が600円台というのは、最低価格の部類に入ると思います。

今回の記事は以上になります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ